人間であるかぎり多様性ある社会は成り立たない6つの理由。多様性の二面性(3/4)不成立篇

人間であるかぎり多様性ある社会は成り立たない6つの理由。多様性の二面性(3/4)不成立篇


みな王様前回の「深く傷ついても相手の事を受け入れ続けられるか」に続いて3回目の今回は多様性がなぜ簡単に成り立たないのかを考えます。

6つの理由ということでさっそく紹介していきます。

1、良い悪いの基準を持つ。

人は選択して行動するために基準を持ちます。何が良いのか、何が悪いのかを考えます。そうすると良いものは上、悪いものは下、と考えます。または優劣を考えます。あの人よりも自分は優れているという優越感や、あの人よりも自分は劣っているという劣等感が生まれます。基準による自他の比較です。

そういった垂直的な価値基準が物事だけではなく他人や自分にも適用されると受け入れられない他人が出てきたり自分の短所に卑屈になったりします。逆に何が良いかという基準がないと何が幸せなのか分からなくなってしまいます。

2、努力したくない。

前回の成立篇でも書きましたが、他人を受け入れるには努力が必要です。育ちが違う人と地道なコミュニケーションをしないといけません。時には傷つけられ、傷つけます。

それから社会的弱者が最低限の生活を送れるように自分が代わりにお金や資源を稼がないといけません。反対に税金の少ない社会だったとしても、全ての人は自己責任で努力しなければ最低限生活できません(最低限の努力をすることで社会に多様性が生まれます)。

※頑張って働く人もいるけどそうじゃない人もいる。
Source: 年収階層分布図

3-1

※税収はみんなで頑張らないと増えない。
Source: 一般会計税収の推移

3-2

※無業者は税収という側面から見れば荷物でしかない。

3-3

※フリーターも税収という側面から見れば荷物ではないが怠け者でしかない。

3-4

Source: 若年無業者、フリーター、ひきこもり(内閣府)

※現在の生活は地球1.5個分、つまり資源が全員分足りない。
Source: 地球環境の今(WWF)

 

3-5

 

3、好きに行動したい、大切にしたいものがある。

人から制限されるのを嫌う人もいますし、大切にしたいものを制限されるのを嫌う人もいます。もちろんみんなの好きなものが同じで、大切にしたいものが同じであればその状況を嫌がる人はいません。しかしそんな状態はありません。

多様性を「みんな好きに生きて良い」と解釈している人が多くいます。好きに生きれば、我慢したりよく考えたりすることがなくなり、好きな人と付き合うことになります。

※どんなに周りは嫌でもタバコを吸いたい人がいる。
Source: 紙巻たばこ月次販売実績(数量・代金)推移グラフ

3-6

※どんなに周りは嫌でも大麻を消費したい人がいる。アメリカでは合法な地域もある。
Source: Legality of cannabis by country

3-7

※どんなに周りが下品・下劣だと思っても、人によって好きな性的表現が存在する。
Source: 「児童ポルノ禁止法案」に対する意見表明

3-8

※リスク許容度が高い人もいれば低い人もいる。
Source: 新聞社の世論調査の不思議さ 原子力の再稼働肯定は既に多数派 – 山本隆三

3-9

4、邪魔されたくない、排除したい

3番と似ていますが、人は良い悪いを考えるため、「悪い人間」を作ります。悪い人間を作っても共存するためにコミュニケーションを行なえば理論的には多様性として確保できますが、多くの場合コミュニケーションは行なわれません。

※犯罪者に対して感情的に排除する。犯罪者が更生し社会の資源になることを人々は信じられず死刑を望む。
Source: 世界の死刑制度の現状(Wikipedia)

3-10

表現の自由に関しては、自由に表現したい(表現に規制されたくない)人と、特定の表現に傷ついて感情的に反応する(特定の表現を排除したい)人がいます。

※差別的な発言やデモは社会から排除される。罵詈雑言や誹謗中傷が「差別的表現」なのはわかるが、ではどこまでが差別的な表現にあたるのか?例えば「中国人は日本人よりもマナーがわるくうるさい」というのは差別表現ではないのかなど。極端になると「差」に関する発言ができなくなる。
Source: ヘイトスピーチ対策法が成立 「表現の自由」「罰則」国会議員も悩んだ

3-11

※ヘイトスピーチと同じく表現の自由の問題について。ここまでくると全ての人に受け入れられる発言を考えなければいけなくなり、発言することをためらったり、発言の表現に多様性がなくなっていく。
Source: あなたは幾つ知ってる?全30種類の○○ハラスメント一覧

3-12

このように表現の発信側と受信側の解釈の違いやズレの問題は政治や職場だけに限らず、学校でのいじめや、家庭内でのDVでも当てはまります。

5、仲間が大事、知らない人は無視

全世界の人間をみな同じ友達や家族だと思うことはとても難しいです。たとえみな友達・家族と思えたとしても、彼らのために資源を用意しなければいけず、用意するためにはたくさんの人の努力が必要です。

※近年ヨーロッパやアメリカでは、一部のイスラム過激派によるテロが発生している。「一部の」犯行であるにも関わらず、イスラム教徒全員を排除する動きも存在する。極右政党の勢力がましたり、フランスではイスラム教徒特有の服装が禁止されたりする。また、イスラム教では当たり前の習慣も西欧からすると受け入れられないものが多かったりもして、1900年代後半のイスラム教地域の革命にも繋がっている。
Source: 世界のイスラム人口(2009年推計)

3-13

日本でもアメリカ兵が一人犯罪を犯せば、全てのアメリカ兵を日本から追い出そうとしますが、これも同じことです。

※西欧で移民排斥の動きが強まっている。大きな理由は社会保障の問題で、すでにその地域に住んでいた人たちが納めた税金を、いきなり来た移民たちが公共サービスをとおしてもらっていくという形になってる。また、簡単な労働を移民の人たちが低賃金で行なうことで仕事が「奪われる」と思う人もいる。
Source: 主要国の移民人口比率の推移

3-14

※世界にはたくさんの貧困にあえぐ人たちがいる一方で豪華な暮らしをする動物がペットとして飼われている。人間は同じ人間よりも可愛く従順なペットのほうを「家族=仲間」と思うようになる。動物愛護ももし本気でやるとなれば社会の税金が使われることが予想される。
Source: ペットビジネスの最新事情を知る。

3-15

6、たくさんの人に好かれたい

ビジネスと選挙にはこれが顕著に現れます。ビジネスではマスプロモーション(テレビCMなど)、選挙では多数決が行なわれます。特にビジネスは投資されたお金が借金として存在し、その借金を返済するのにそれ以上の利益をあげないといけません。

そしてこれらマスに好かれる技術は統計学に支えられています。正規分布と呼ばれるグラフを使って色んな分野での人口を出せば、この中央にたくさんの人口が存在し、そこにめがけてビジネスや選挙を有利に進めるよう対策を練ることができます。

常識や理想を作る理由はここにあります。「テレビ、クーラー、洗濯機が家にあるのは当たり前」と思う人が増えれば、それらを買ってくれます。買ってくれる人が多ければそれを売ってる企業は一気に儲かります。

このように多くの人に好かれるために行動すれば、少数派の人に好かれる行動がなくなっていきます。そうなると少数派の人たちにとっては良い商品や良い政策がなくなってしまい、生きづらくなります。

※以下のグラフの形を正規分布という。
Source: 初級シスアド講座統計

3-16

※人々を分類するマーケティングのセグメンテーションという手法があり、この戦略が多様性を作っているところもある。どうやって分類すれば大きな市場があるのか発見することも重要。
Source: 企画対象を明確にする③ターゲット・セグメンテーション

3-17

今回描いたイラストは「島宇宙」と「フィルターバブル」を合わせたものです。

島宇宙とは:同じ価値観を持った人たちだけで場を作ること。「制服少女たちの選択」社会学者・宮台真司著。

フィルターバブルとは:インターネット上でユーザーが見たい情報を見せられ続けることで、ユーザーの観点に合わない情報から隔離され、実質的に彼ら自身の文化的、思想的な皮膜(バブル)の中に孤立するようになっていくこと

つまり多様性が確保されにくい原因は、上記の6つの人間の特質に加えて、インターネットによるコミュニティ間の断絶や価値観の狭小化も大きな原因であるということです。

※人間の選択についてコントロール可能な側面があることは以前、「あなたの好きなものは誰の好きなものですか?自由と制御、選択の二面性」で紹介しました。

食べ物やお金など資源が十分にあるときはコミュニティ間が断絶してても問題ありません。なぜならお互いに利害を調整しなくていいからです。調整しなくていいのでコミュニケーションも発生させる必要がありません。なので争いも起きません。

しかし、ずっと好きに生きてたら価値観の違う人とコミュニケーションしづらくなってきます。その状態で資源が少なくなってきたらどうなるか。争いがおきかねません。

それでは次回は最後に成立と不成立の間についてまとめたいと思います。