深く傷ついても相手の事を受け入れ続けられるか。多様性の二面性(2/4)成立篇

深く傷ついても相手の事を受け入れ続けられるか。多様性の二面性(2/4)成立篇


仲良く傷つく

前回「なぜ多様性のある社会は簡単に成立しないのか」にて多様性とは何かを確認しました。今回はさっそく多様性の良い面からみていきます。

そもそも多様性が成り立つというのはどういうことでしょうか?それは「他人を受け入れる」ということです。

では他人を受け入れることのメリットは何でしょうか?人によっては当たり前のことですが改めて考えます。

まず至極単純な話、周りに認められたり受け入れられたりすると嬉しいでしょう。自分が受け入れられると嬉しいので自分も他人を受け入れます。

※結婚という生涯ともにするパートナーへ愛情や優しさを求める。
Source: 男性が女性に求める!結婚相手への条件は?

2-2

それから哲学者のジョン・ロールズは「無知のヴェール」という概念を紹介しています。要は自分がどんな立場かわからなければ、自分が立場の低い人だと考えて、立場の低い人のためにコミュニケーションや社会の制度を合わせるというものです。

立場の弱い人が受け入れられる社会なら誰もが満足に生きることができるかもしれません。

※無知のヴェールのイラスト
Source: 哲学用語図鑑「ジョン・ロールズ」

2-1

また、この変化が多い世の中で誰がどんな場面で自分の能力を発揮するかわかりません。過去の偉人の中には差別をうけた立場(女性や黒人)や障がい者の方々がいます。

※有名なユダヤ人
Source: Famous Jewish people

2-3-0

※パワフルな女性100人特集
Source: The World’s 100 Most Powerful Women

2-3

※過去の有名な黒人たち
Source: Famous black people who changed the world

2-4

※有名なゲイの方々
Source: Famous Gay People

2-5

※過去の障がい者の偉人たち
Source: The World’s Most Famous Disabled People

2-6

それから経済的な側面もあります。グローバルに商売を行なうため、相手の文化をよく知ったり仲良くしたり、労働者が足らないため、社会的に弱い立場の人でも働いてもらえるだけ助かることがあります。社会的に弱い立場の人も普通に働いて普通にお金がもらえることで、自然と社会的な立場が普通になっていくこともあるでしょう。

※グローバル市場を勝ち抜く企業たち
Source: 世界の多国籍企業ランキング

2-7

※グローバル経営を進める上での課題では「人材」関連が目立つ。
Source: グローバル人材育成の推進に関する政策評価

2-8

※民間企業における雇用状況
Source: 平成27年障害者雇用状況の集計結果

2-9

多様性ある社会が成り立つとこれらの良い面を手に入れられることが分かりました。しかしこれを成り立たせるにはある前提条件が2つがあります。

まず、自分の生活よりも他人の最低限の生活を確保することを優先しなければいけない、ということです。

例えば税金や制度など、お互いにどこまで譲り合えばお互い最低限の生活を確保できるのかよく対話・議論する必要があります。その対話の姿勢は自分と同じかもしくはそれ以上に相手を敬っていなければ生まれません。

二つ目は、「良い人間」の基準を水平に持つ、ということです。

人はどうしても人間関係を上下=垂直に考えてしまいがちです。たとえば年齢が上なら立場が上、お金持ちならより幸せ、顔立ちがよければ優遇される、などなど。しかしこのように上下のコミュニケーションをとっていたら絶対に差別意識が生まれます。

女性や障がい者、赤ちゃんや子ども、お年寄りや学校の先生ですら、みんな対等で自分と相手は水平に並んでいるとお互いに考えると、対話や議論は上手く行きます。

対等な関係をもつには簡単な考え方があります。それが「誰にも良い面と悪い面、長所と短所がある」という見方です。聖人君主のような人にも悪い面はあり、極悪犯罪者のような人にも良い面はあります。自分にとっての良い悪いだけでなく、社会や人類にとって良い悪いの見方があります。

これら二つの前提条件には大きなデメリットがあります。それはお互いに精神的に傷ついたり、生活の一部を我慢しないといけなかったりすることです。その不自由さも含めて、次は多様性がなぜ現実に成り立ちづらいのかを考えたいと思います。

今回のイラストは貧しくても特定の表現にしばられても傷つけあいながら仲良くする様子を表現しました。