みんながみんな子どもを可愛いと思うわけではない。少子化の二面性(3/3) - 国民協力篇

みんながみんな子どもを可愛いと思うわけではない。少子化の二面性(3/3) – 国民協力篇


育児_web用

1回目の「データで見る世界の子どもの数」、2回目の「シングルマザー切り捨てたらめぐって自衛隊が高齢化する国」につづく3回目の今回は国民全員で協力して子どもを育てることの二面性を紹介します。

国民全員で協力するというのはどういう意味かと言いますと、それは税金を納めて、その税金で育児を支援するということです。

税金の納め方は色々ありますが、割合が高いものは主には消費税、所得税、法人税の3つとなっています。

※所得課税だけで全体の2分の1、消費課税で3分の1を占める。
Source: わが国の税制の概要(財務省)

3-1

この税金が医療や年金だけでなく、子どもの教育にも使われているわけです。税金が使われるということは、社会で一定以上の人が「子育てに協力する」ことに賛成していることを表します。

ではこのメリットとデメリットを考えます。分かりやすいのでメリットから見ていきましょう。

1、税金による子育てのメリット

一番のメリットは、企業は労働力として女性を雇用でき、働きたい女性は働くことで充実感を得ることができます。

経済成長と労働者の人口は比例しやすいので、移民を受け入れられない状態だと女性に働いてもらうのが選択肢になっています。

※25歳から40歳ぐらいの女性の労働力率が現在低いのでこの部分の女性が働くことになる。
Source: 男女共同参画社会の形成の状況(内閣府)

3-2

※最低でも131万人もの労働者が増えることになる。
Source: 男女共同参画社会の形成の状況(内閣府)

3-3

※前回も紹介しましたが、全体の65%ものワーキングマザーは仕事に満足しています。
Source: ワーキングマザーの仕事「満足度」調査

3-4

さらに女性が働けるようになるということは、女性の所得があがり、女性による消費が増えるということです。近年の「~~女子(ガール)」もそれが原因かもしれません。

※昔に比べて女性の給与が上がり、消費支出と可処分所得も多い。
Source: 女性と経済-市場における重要度の高まり(EY総合研究所)

3-5-1 3-5-2

このように女性が働く→企業労働者確保→企業は売上アップ&女性は消費→理想は給料があがる→女性も男性も税金をより多く納める→育児の公共サービスが充実する、という好循環が生まれうるわけです。

それではデメリットを見ていきます。

2、税金による子育てのデメリット

子どもを税金で育てる以上、公共の財として扱わなければいけなくなります。それが負担だと感じる人はもちろん価値観が多様な世の中にはいるでしょう。

例えば、出産を考えておらず好きに働きたい人にとっては、子育てのために納税額があがり、そのために余計に働かないといけないのは苦痛でしょう。

※例えば保育施設を利用している子どもが0歳1人だとすると、実際払っているのは4万円だが、25万円相当のサービスを受けていることになっている。その分はもちろん税金。
Source: 保育費シミュレーション(千葉市)

3-6

※保育園の防音費用分も納税する必要がある
Source: 「保育所に防音壁」支援 政府、住民トラブル対策(産経)

3-7

また、人によっては「赤ちゃんの泣き声で元気が出る」と言う人もいますが、赤ちゃんの泣き声は冷静に計測するとそれなりに大きいです。うるさいと感じる人がいてもおかしくありません。

※赤ちゃんの泣き声は80デシベル以上。

Source: かわいい赤ちゃんの泣き声は一体何デシベル?

Source: 騒音値の基準と目安

3-8

3、その他補足

以前話題になったブログ「保育園落ちた日本死ね!!!」では「オリンピックで何百億円無駄に使ってんだよ。」と書かれていますが、オリンピックに投資することで得ることができる経済効果があります。

※開催の5年前から2年前にかけて、開催国の実質GDP成長率が有意に高まることを示している。
Source: 2020 年東京オリンピックの経済効果(日本銀行)

3-9

もちろんすぐにでも子どもを増やすために保育園などに投資することも大事ですが、直近得ることができる経済効果から改めて保育園などに投資するほうがいいかもしれません。

それから女性が結婚相手にもとめる理想の年収と、実際にその年収を得ている人が十分に存在しなかったり簡単に会えなかったりして、晩婚と少子化に陥っている可能性があります。

※多くの女性が男性に望む年収は500万円以上
Source: 結婚相手に求める年収、男性と女性ではこんなに違う!(Anniversaire)

3-10

※年収500万円以上の男性はそれなりに存在する。
Source: 年収階層分布図(年収ラボ)

3-11

ただ本当にこのぐらいの年収がないと子育てができないのでしょうか?都会と田舎では違うでしょうし、食べるご飯や住む家によっても変わると思います。そういったプライドの高さが少子化を生んでるのかもしれません。

—-

以上、育児をみんなで協力して行なうことの二面性の紹介でした。

高齢化と同じぐらい少子化も社会問題として広く知られ、さらに人口問題と重なり、さらに女性の子ども好きと重なり、他の社会問題よりも「絶対解決されるべき」と見られがちです。

しかしそこにも解決することの良い面と悪い面があることがお分かりになられたと思います。もちろんそれでも感情的に納得はしにくいかと思いますが、、。

今回は以前に書いた社会保障の記事教育費働き方と重なるところが多いので、まとめ篇は無しとします。

それではご覧いただきありがとうございました。