起業に憧れてる人は起業の悪い面を知ってますか。働き方の二面性(3/4)-経営者篇

起業に憧れてる人は起業の悪い面を知ってますか。働き方の二面性(3/4)-経営者篇


経営者の立場_Web用

1回目の「なぜ働かなければいけないのか」に引き続き、前回は「給料が安いのはあんたのせい」で労働者の二面性を紹介しました。今回は反対に労働者を雇用する経営者の二面性を紹介します。

経営者とは、社長や代表取締役のことでもあります(厳密にはこちらをごらんください)。主な仕事は経営方針をたて、そこから計画をたて、そこから組織をつくり、その組織の意見を調整するなど、会社の根幹を担います。

※役員ですらその人口は約5%ほど。その中に社長が含まれる。
Source: 雇用形態別雇用者の推移と近年の特徴(厚生労働省)

3-1

というわけで経営者の特徴は、会社の根幹を担うということは、全ての雇用している労働者の明日の生活を色んな意味で”背負う”ことになります。どんな意味なのかみていきましょう。

1、経営者のデメリット

経営の責任とはなんでしょうか。それはコストを抑えて利益を出すことにあります。利益を出さなければお金を貸してくれている投資家や銀行にお金を返せませんし、労働者へ給料を払うこともできませんし、ましてや事業拡大もできません。

そのためにはありとあらゆることを考えて実行しなければいけません。新サービス・新商品の立ち上げや、労働者とのコミュニケーション、資金調達、メディア露出などなど。

そんな状況になれば必然的に休みが少なくなっていきます。会社に出勤していなかったとしても、日常的に会社のことを考えてしまい、実質的に休みをとれることはあまりありません。

※経営者の4割は休む日が特に決まっていない。
Source: 2016年中小企業白書

3-2

また、会計上の定義や税金対策などを加味したとしても、赤字に対するストレスもあります

※国税庁によると企業の7割は赤字。
Source: 「赤字企業7割」は本当か?(経営コンサルティングInitiatives)

3-3

そして会社としてはゲームオーバーとなる倒産です。

※年間約5千社から1万社倒産している。
Source: 全国企業倒産状況(東京商工リサーチ)

3-4

2、経営者のメリット

一方で、経営者のメリットは何でしょうか。きっとみなさんが一番にイメージで思いつくのは「給料(報酬)が高いこと」だと思います。

※有名上場企業の年収は億単位
Source: 中小企業社長の適正年収、役員報酬の決め方

3-5

※アメリカのトップは数千万ドルから1億ドル。
Source: 100 Highest Paid CEOs

3-6

また労働者のクビを切ることもでき、嫌いな人や苦手な人と働く必要はありません(もちろん常にクビにできるわけではありませんし、私的な理由でも難しいですがやり方はいくらでもあります)。

※国別の失業率推移。新興国より先進国の方が高い。
Source: 世界経済の潮流(内閣府)

3-7

先ほどはごく一部の年収の高い経営者を並べましたが、一般的な経営者はそうでもないようです。ただ「仕事のやりがい」への満足度はとても高いです。

※経営者の7割が自分の仕事に満足感を感じている。
Source: 2016年中小企業白書

3-8

最近は起業ブームなのかもしれませんが、このように経営者にもデメリットがあります。一部の経営者によって経済を大きく成長させてきた/成長させていますが、全員が全員そうではないことを覚えておきましょう。

そして年収が高ければいいわけでもなく、そこにもメリットとデメリットがあります。その紹介もまた今度したいと思います。

次回は参院選ふまえて、労働市場と政策について簡単に紹介します。