給料が安いのはあんたのせい。働き方の二面性(2/4)-労働者篇

給料が安いのはあんたのせい。働き方の二面性(2/4)-労働者篇


労働者の立場_Web用

前回の「なぜ働かなければいけないのか」では私達がどれぐらい働くかで、生活が豊かになったり、税収が増えて公共サービスが充実するかをみてきました。

つまり「生活に不満があるなら自分が稼げ」ということです。行政のサービスも私達の税収次第なのですから。

というわけで今回と次回は労働者として働くことと経営者として働くことの二面性を紹介します。雇用されるか雇用するかの違いです。

1、労働者のデメリット

雇用される労働者の特徴はなんでしょうか。一番は経営者に給料を決められてしまうことです。

※ここ20年間のアメリカと日本の平均賃金を比べると伸びが全然違う。
Source: Average wages 1990 to 2014 – OECD Data

2-1

※国別の製造業の賃金。日本もアメリカも最近伸びてきてる。
Source: 世界経済の潮流 – 内閣府

2-2

その給料はどうやって決まるのでしょうか。色んな要素があると思いますが、大きいのは「なにができるのか」という「能力」です。どの業界で働けるのか、外資で働けるのか、大手で管理職として働けるのか、みんなとコミュニケーションとれるのか、こういったことも能力のうちに入ります。

※企業にとって重要な能力にコミュニケーション能力がずっと入ってる。
Source: 採用選考時に重視する要素

2-3

※理系の方が給料が高いことが多い。
Source: 「“理系vs文系”出身学部で比較!ホントの給与格差」(リクナビNEXT)

2-3-2

ただ同じ能力が常に必要とされるわけではありません。その能力を鍛える専門学校やネット講座ができて、できるようになる人が増えると給料は安くなってしまいます。例えば工場の梱包作業は誰でもできるので時給はそんなに高くありません。

※eラーニングの市場規模をみると増加傾向にある。
Source: 矢野経済研究所の調べ

2-4

さらにその能力が機械によって代替されることもありえます。機械ができるようになってしまえば、経営者からすればその機械を買うだけです。逆にいえば機械を作る仕事をするのも労働価値としては高いです。

※自動化によってアメリカの仕事の約半分がなくなるかもしれない。
Source: Job Automation May Threaten Half of U.S. Workforce

2-5

また、能力があって会社の制度さえ整っていれば副業によって稼ぐことができます。今やインターネットの発展でクラウドソーシングが可能となり、世界中のすべての人が競争相手となりつつあります。

※アフリカの労働人口がどんどん増えており、アフリカ人デザイナーが活躍することもありうる。
Source: 世界経済の潮流 – 内閣府

2-6

それから一方で、国ごとの文化によっては女性の給料を安く決められてしまったり、年齢が高ければ給料が高くなったりします。女性でも若くても能力があれば給料が高くなる会社ももちろんありますが。

※男女間の賃金差は国ごとに違い、日本はアメリカよりも差がある。
Source: Gender wage gap 1990 to 2014 – OECD Data

2-7

ブラック企業や職場いじめの会社にとどまってしまうのも能力が低いからです。別の会社で働ける能力があるのなら転職すればいいだけですが、別の会社で働く能力がないならその会社にとどまるしかありません。

2、労働者のメリット

給料が決められてしまう一方で、メリットもいくつかあります。給料は能力次第なので、逆に考えると能力さえあればどんな会社でも選ぶことができます。それに最低でも頼まれた仕事をこなせば給料をもらえるので多分野にわたって能力を持つ必要がありません。

※上場している会社だけで数えても3000社も存在する。
Source: 上場会社数・上場株式数

2-8

また、経営者と違って四六時中会社のことを考える必要がないので、ちゃんと休む時間が規則の中で決められています。もちろん土日ふくめて四六時中会社のことを考えて会社に貢献する社員もいますが、責任の重さとして社員の絶対条件ではありません。

※週休2日制の労働者の割合はこの40年間で大幅に増えた。
Source: 日本人の余暇時間、長期的な視点から

2-9

このように給料を決められてしまう代わりに、能力さえあれば会社を選んで給料をある一定額まで引き上げることはできるし、会社や社会の規則や制度に守られています。

それでは次回は経営者の二面性をみてみましょう。