明日電気が使えなくなるとしたら?大量電気消費の二面性 - まとめ篇

明日電気が使えなくなるとしたら?大量電気消費の二面性 – まとめ篇


概容篇、メリット篇、デメリット篇を見てきましたがいかがでしたでしょうか。

どの発電方法でも大量の電気を発電するとしたら大きなリスクが伴います。ハイリスクハイリターンです。

結局、私達がどこまでの生活を望むかどうかで、今後もリスクを許容し続けるかどうかが決まります。

電気がなくてもそれなりに毎日生きている人たちは世界にいっぱいいます。(彼らを劣っていると見るのか、それとも大きなリスクを抱えた私達を劣っていると見るかは価値観次第です。)

もちろん、そのリスクをゼロにできる技術が発明されるかもしれません。しかしその技術が発明されても技術はいつもデメリットが付きまとっています。

また、最後に確認したいのが、発電技術以外で、日本がどれだけエネルギーにリスクを抱えているかについてです。

※原発がなくても過去の需要ピークには間に合っている。

4-1
Source: とめよう再稼働。二度と原発を動かさないために今、あなたの声が必要です

※しかし、日本のエネルギー自給率はわずか5%。輸入先で何かあれば一気に需要ピークに間に合わなくなる。

4-2
Source: 関西電力「日本のエネルギー事情」

※原油の輸入先のほとんどはテロで騒がれている中東地域。

4-3
Source: 平成24年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2013)

※止まっている原発の代わりに動いてる火力発電だが、老朽化していて故障の可能性が大きくなってきている。

4-4
Source: 火力発電の現状ってどうなっているの? 老朽発電所のトラブルは?

私達はどれぐらい欲望を解消したいのでしょうか。

私達は普段どれぐらいデメリットを想像しているのでしょうか。

私達はどこまで自分の主張に責任をもってるのでしょうか。

このエネルギー問題は安全保障や成長戦略に大きく関わっており、かつ、私達の生活(燃料の値段など)にも大きく関わっていることがおわかり頂ければよかったと思います。