人間にとって大量の電気は必需品なのか。大量電気消費の二面性。概容篇(1/4)

人間にとって大量の電気は必需品なのか。大量電気消費の二面性。概容篇(1/4)


2011年3月11日、東日本大震災により津波が発生。その津波によって福島原発事故が引き起こされました。その事故をきっかけにして生き方、暮らし方を見直した人も多いのではないでしょうか。

さて今回の二面性のテーマは原子力発電所と再生可能エネルギーのそれぞれのメリットとデメリット、、、ではなく、沢山の電気を必要とする生活のメリットとデメリットを紹介します。

なぜ原発と再エネの比較ではなく、大量電気消費に焦点を当てるのでしょうか。それは再エネにも再エネのデメリットがあるので、将来再エネのせいで何か起きてから「再エネ反対」を叫び、同じこと繰り返すのではなく、ひとまず私達の生活は今後どこまで電気を求めるのか問い直してみましょう、ということです。

電気の問題を見ていく際には、もちろん国別や年代別でみるのと同時に、資源別、発電量、消費量、電気料金など様々な指標があります。それではまず電気の利用について概容や背景を見てみましょう。

※電気の消費量はここ200年で一気にのびた。

1-1
Source: World Energy Consumption Since 1820 in Charts

※この10年では中国の消費量がどんどん伸びている。

1-2
Source: モリモリ増える中国やインド…主要国の一次エネルギー消費量推移をグラフ化してみる(2015年)

※主な先進国や新興国では石炭や天然ガスが使われている。

1-3
Source: 【エネルギー】世界各国の発電供給量割合[最新版](火力・水力・原子力・再生可能エネルギー)

※1人あたりの電力消費量では日本は世界平均の2倍以上。

1-4
Source: 日本のエネルギー事情(関西電力)

※主な先進国と比較すると日本は中間ぐらい。

1-5
Source: 電気料金の国際比較(2014年)、電力中央研究所

※石油・天然ガスはあと50年ぐらい。石炭は100年もつ。

1-6
Source: 世界のエネルギー事情(関西電力)

さて、では私達はここからどんな恩恵を受けて、どんな代償を払っているのでしょうか。

電気を当たり前に使うようになってから、電気を発電して当たり前になっていますが、発電所があることでどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

残り3回に分けて見ていきたいと思います。