子どもにとっての”良い教育”とはなにか?-政府負担篇-教育環境の二面性(3/4)

子どもにとっての”良い教育”とはなにか?-政府負担篇-教育環境の二面性(3/4)


公費が多く平等な教育

前々回の背景前回の家庭負担篇に引き続き、今回は家庭ではなく政府に子どもの教育を任せることの良い面と悪い面を見ていきたいと思います。こちらの場合はスウェーデン、ノルウェー、デンマークなどが有名かと思います。

World Happiness Reportと北欧諸国の制度をふまえて、マスメディアや書籍では良い面をよく紹介されると思いますので、まずは分かりやすい良い面から紹介します。

子どもの教育を政府負担にするということは教育費が最高でタダになるということです。その分、税金をかなり高く支払うことになりますが、政府・行政・自治体による教育の一元管理を行なうことができ、すでに「正解」が分かっている教育方法を隅まで行き渡らせることができます。

※学力を上昇させる費用対効果の高い政策が何かだんだん分かってきているので、政府から一元的にこれらを実行することができる。

edu3_1

※同じ学力のクラスの方が学力が上がりやすい。

edu3_2

※少人数学級(20人未満)の方が学力が上がりやすい。

edu3_3

Source: 書籍「学力の経済学」

※これらの結果北欧諸国は一人あたりのGDPでも論文数でも高い成績を上げている。

edu3_4

Source: 世界の一人当たりの名目GDP(USドル)ランキング

edu3_5

Source: いったい日本の論文数の国際ランキングはどこまで下がるのか!!

また、親やその周囲の人々は育児や勉強を教えるなどのストレスから解消され、児童虐待などのリスクも減るかもしれません。

※育児で大変なこと1位は「自分の自由時間・睡眠時間が取れない(42.3%)」

edu3_6

Source: 育児において、妻との関係で気を付けるべき5つのこと

※学力の地域格差を埋めることができるかもしれません。

edu3_7

Source: 書籍「学力の経済学」

※待機児童数をゼロにすることができるかもしれません。

edu3_8

Source: 保育所待機児童の推移をグラフ化してみる(2015年)(最新)

ここまでが良い面ですが、しかし一元管理なだけに運営を少しでも失敗すると全員に大きな影響を与えてしまいます。以下はスウェーデンの例になります。

※定期的に行われる「学校査察」によると、2012年に査察を受けた小中学校のうち、「問題なし」とされた学校はわずか4%。

edu3_9

※教育庁のリポートによると、2007年から2012年までの5年間で、定年退職以外の理由で先生を辞めて他の仕事に就いた人は24%に上る。

edu3_10

Source: 崩壊するスウェーデンの学校制度(上)

また、北欧諸国は他の国と自殺率を比較すれば低い方なのですが、幸福度がかなり高い割には自殺率が高いのです。あくまで想像ですが、競争をしなくなることで個性や生きがいが失われてしまうのかもしれません。

※2011年度のデンマークでは人口10万人あたり11.9人が自ら命を絶っている計算になる。

edu3_11

Source: 国の自殺率順リスト

このように良い面と悪い面を紹介しましたが、一元管理の運営や競争の排除がいかにむずかしいかお分かりになるかと思います。そのためデンマークでは「ジャンテロウ」という価値観も存在します。

※ジャンテロウ:この価値観のため競争で勝ったりお金持ちになったりすることに意欲がわきづらい。

1. Don’t think that you are special.(自らを特別であると思うな)

2. Don’t think that you are of the same standing as us.(私たちと同等の地位であると思うな)

3. Don’t think that you are smarter than us.(私たちより賢いと思うな)

4. Don’t fancy yourself as being better than us.(私たちよりも優れていると思い上がるな)

5. Don’t think that you know more than us.(私たちよりも多くを知っていると思うな)

6. Don’t think that you are more important than us.(私たちよりも自らを重要であると思うな)

7. Don’t think that you are good at anything.(何かが得意であると思うな)

8. Don’t laugh at us.(私たちを笑うな)

9. Don’t think that anyone of us cares about you.(私たちの誰かがお前を気にかけていると思うな)

10. Don’t think that you can teach us anything.(私たちに何かを教えることができると思うな)

11. Don’t think that there is something we don’t know about you.(私たちがお前について知らないことがあると思うな)

政府負担にすると教育が一元化され、生徒の多様性・個性が失われる、と書きました。しかし「多様性のために政府が教育費を出すこともできる」と言う方もいると思います。しかしそれは、みんなが多様性という括りを大事にすることで多様性がなくなるのです。

さらに多様性を子どもに分かりやすく教えるために、多様性の定義を決めることが大事になってくるでしょう。定義を決めるとそれ以外の「多様性」の定義がなくなり多様性がなくなります。定義を決めないと分かりづらいのもありますが、定義Aと定義Bで派閥が生まれます。派閥が生まれてもお互いに豊かな生活を送っていれば争いごともないと思いますが、豊かな生活じゃなくなると、その違いは差を生み、「差別」へと発展します。一元管理の重要性は差を生まないことにあるのです。

最後に政府負担のメリット、デメリットをまとめたいと思います。

目的:できるだけ家庭や子どもに負担をかけず学校などで支える。平等になる。
メリット:親が貧困でも誰も落ちこぼれず、やり方がよければみんな成功する。
デメリット:個性があまり見えなくなる、個人の速さで成長しづらい。

では次回の最終回ではまとめをおこないたいと思います。