子どもにとっての”良い教育”とはなにか?-家庭負担篇-教育環境の二面性(2/4)

子どもにとっての”良い教育”とはなにか?-家庭負担篇-教育環境の二面性(2/4)


私費が多く自由な教育

さて、前回の背景に続きまして、今回は教育の費用(特に)を家庭に負担してもらうという教育方針の良い面と悪い面を紹介します。ちょうど就学前教育や高等教育に関しては日本やアメリカ、オーストラリア、韓国などがこちらに該当します。

まず分かりやすいのが悪い面ですが、教育格差が生まれます。

大人はいくら稼ぐかは自分で決めることができます。奨学金を借りてでも学校に通うことができ、それによって能力を上げ、相応の会社に入ることができます。専門学校や大学は年齢に制限などありません(防衛大学などを除いて)。

また子どもを何歳で生むかも自分で決めることができます。親から「早く孫の顔が見たい」などと急かされている人もいるかと思いますが、晩婚・高齢出産になっているのも自分で生むタイミングを決めているということの表れです。

なのでお金をいくら稼いで、子どもの教育にいくら使うか、ということは個人の価値観次第であり、自由です。みんな価値観が違うように差ができることは当然の結果です。

※東京大学の学生の親は年収が高い人が比較的多いです。

edu2_1

Source: 書籍「学力の経済学」

ちなみに子どもの学力に限った話で言えば学力への影響のある大きな要因としては「学校外教育費の支出」、「保護者の学歴期待」、「家庭の所得」、「母親の学歴」です。

※学歴次第で生涯年収は変わるので学歴の良い親の子どもなら教育費にお金をかけることができます。

edu2_2

Source: 書籍「学力の経済学」

※年収が高ければ教育費にかけるお金の割合も大きい。

edu2_3.png

Source: 年収別の家計簿まとめ。何にいくら使ってる?

※母親の学歴が子どもの学力に与える影響は大きい。

edu2_4

Source: 書籍「学力の経済学」

ここまで来ると子どもは「親が悪いから自分も悪いんだ」と考えてしまいそうですが、自分が頑張って勉強したり(インターネットも図書館もあります)、頑張って年収を上げたり(年収の高い職業に合う学校に通えます)すれば自分の子どもから改善させることができます。それに全ての良い親が良い子どもに育てることができるわけではないでしょう。

また、親が子どもに教える価値観がそれぞれ違う=自由だと、子ども同士が集まる学校では価値観が有象無象とすることになり、相手を肯定するよりも否定する方が簡単ですし、大勢の価値観と少数の価値観なら大勢が強くなりがちなので、簡単にいじめに発展するかもしれません。(政府負担の場合と比較したわけではありませんが。)

そしていじめによって自己肯定感を失う子どもの学力はさらに下がりやすくなるかもしれません。この場合はどんなに親が教育費をかけても学校の環境が悪いと子どもの成長を阻害することになります。逆ももちろんあります。

※小学校4~6年 いじめ被害 仲間はずれ・無視・陰口(男子)

edu2_5

※小学校4~6年 いじめ被害 仲間はずれ・無視・陰口(女子)

edu2_6

Source: ストップいじめ!ナビ いじめをとめたい大人たちへ

ここまでが家庭負担の悪い面の紹介でした。お気づきの方もいるかと思いますが、家庭だけが悪いわけではありません。前回の背景でも確認しましたとおり、この場合は「インプット(資源:お金や親、学校など)」を自由かつ多様に個人個人が選んでいるということなのです。

つまり選び方によっては悪くもなるし、良くもなります。この日本の教育が現在の若者にどのように良く影響しているのかが以下になります。

※現在の生活に対する満足度年代別では20代では8割近くが満足している。

edu2_7

Source: 国民の生活に関する世論調査

※中学生・高校生にいたっては9割近くが幸せを感じている。

edu2_8

Source: 「中学生・高校生の生活と意識調査・2012」について

※2012年の学力国際比較では割と日本は高いところにいる。

edu2_9

edu2_10

edu2_11

Source: 社会実情データ図録

イラストでは教育の格差を運動会の徒競走になぞって描きましたが、ただその中に競争を放棄して自由に遊ぶ子どももいることに気づくかと思います。自由に選べるということは差を作りますし、多様にもつながるというわけです。

最後に家庭負担のメリット、デメリットをまとめたいと思います。

目的:最低限を学校で、それ以外は家庭や子どものニーズに合わせる。多様になる。
メリット:個性を育てることができる、個人個人の速さで成長しやすい。
デメリット:格差が激しくなる。無計画な親の子供はただただ貧困に陥る。

それでは次回は政府負担篇の良い面と悪い面を見ていきたいと思います。