働かざるものも食えるベーシックインカムの二面性-デメリット篇。イラストとグラフでまとめてみた(3/4)

働かざるものも食えるベーシックインカムの二面性-デメリット篇。イラストとグラフでまとめてみた(3/4)


反対派イラスト_WEB用

さて1回目のベーシックインカム(以下BI)の背景2回目のメリット篇に続きまして、今回はBIのデメリットについて書きたいと思います。

1回目の記事の最後に書きましたとおり、BIで特徴的なのは「現金で給付されることにあり、その用途は自由」であり、その論点は「人間は自由にお金が使えたら適切に使えるのか?」ということでした。

今回はデメリット篇ということで「人間は自由にお金が使えたら適切に使えない感情や欲求に流されてしまう存在」とした上で、そもそも「感情や欲求に流されてお金を使ってしまう」とはどういうことなのか考えながら、BIのデメリットを見ていきたいと思います。

メリット篇に比べるととてもシンプルで、依存症に繋がるような使い方をしてしまい、お金を使うその人だけではなくその周囲にも悪影響を及ぼすことが挙げられます。

注意:消費している人全員が全員依存症になるわけではありませんが、依存症であることに自覚がないという場合もありますので、消費している人全員が依存症にならないとも限りません。

※アルコール依存症患者数の推移

アルコール依存症患者数の推移

「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」の最終評価について

※薬物事犯検挙人員の推移

薬物事犯検挙人員の推移

※覚醒剤事犯者と再乱用者の推移(過去10年)

覚醒剤事犯者と再乱用者の推移(過去10年)

厚生労働省 薬物乱用の現状と対策

※日本の薬物乱用・依存患者のトレンド

日本の薬物乱用・依存患者のトレンド

学校保健ポータルサイト 薬物乱用の指導

※高校生のスマートフォン利用開始により減った時間(複数回答)

高校生のスマホ利用開始の影響

一心同体、ネット依存、試験に失敗。高校生のスマホ生活、その悪影響の実態を探る。

※携帯電話を持ち歩いていないと不安かどうか。

携帯電話の持ち歩きと不安度

※「自分は携帯依存症」自覚者。

「自分は携帯依存症」自覚者

20代では1/3以上が「自分はケータイ依存」

また他人に悪影響がなくても個人の健康に悪影響があるかもしれません。

※性年代別の肥満(BMI25以上)状況(%)

性年代別肥満状況(%、BMI25以上)

※性年代別の喫煙の状況(%)

性年代別の喫煙習慣の推移

※性年代別の飲酒の状況(%)

性年代別の飲酒習慣の推移

厚生労働省 基本統計要覧 第2編保健衛生 第1章保健

※急性アルコール中毒等による死亡者数

急性アルコール中毒等による死者数

アルコール薬物問題全国市民協会

また、ベーシックインカムのような現金給付と、お金ではなく直接物資などを提供する現物給付の違いを以下のグラフが説明しているかもしれません。社会保障サービス(再分配)の適用前と適用後の貧困率を比較しています。

※デンマークやスウェーデンは税金も高く、現物給付を行なっており、適用前と適用後では大きな改善が見られています。

子どもの貧困率:再分配前と再分配後(00年中頃)

子どもの貧困対策としての教育

さらに現金を給付しても貯金されてしまっては経済が循環していきません。「BIの制度がいつか終わるかも」という不安が存在すればBIで貯蓄に回されてしまうでしょう。

内閣府の国民経済計算における「家計貯蓄率」

貯蓄率減少は本当なの?家計の貯蓄率をグラフ化してみる

このように人に最低限のお金を与えても、自分の欲望に流されやすい人が多ければ社会に混乱をもたらし、貧困率もどんどん上昇していきます。これがBIのデメリットです。以下に補足でまとめます。

・自由が増える分、自己責任が強まる。消費の「正しい方法」を間違える可能性がある。
・労働やボランティアといった社会参加が保障されるわけではない。やりたくても能力がなければできるわけではない。
・現金給付のみの社会保障では貧困層が増える。
・最低賃金は、生活に必要なお金は保障されているので無くなってしまい給料が減る。
・公的福祉や労働規制がなくなる可能性が高い。(雇用政策があれば能力を身につけるための支援が存在するがBI制度下では全て自己責任なのでそのような支援もなくなる可能性がある。)

他にもベーシックインカムのWikipediaにデメリット=懸念事項が多くまとまっていますのでご参考まで。次はメリットとデメリットの中間に注目します。