高齢者は投票して社会保障政策を強化することで対抗し、若者は財布の紐をしめることで対抗する。

高齢者は投票して社会保障政策を強化することで対抗し、若者は財布の紐をしめることで対抗する。


■3つの未来、若者と高齢者はどれを選ぶのか。

2014年4月、消費税が5%から8%にあがりました。将来的には10%になることも確実でしょう。

ではなぜ消費税を上げる必要があるのでしょうか?それは政府から高齢者に出すお金「社会保障費」が足りないからです。主に年金や医療、介護などのために使われています。

※社会保障給付費と社会保険料収入の推移

出典:財務省 日本の財政関係資料

さらに、これからも高齢者の人口は増え、寿命は上がっていく一方です。

※平均寿命の推移と将来推計

※高齢化の推移と将来推計

出典:内閣府 将来推計人口でみる50年後の日本

ただこれは、年金や介護を必要とする高齢者を優先するためなので「社会保障費が足りない」と言われるだけで、もし仮に「若者を優先するため」であれば「今の社会保障費の目標額が高すぎる」という意味にもとることができます。

つまり、消費税を含む税金を上げるかどうかは、高齢者を優先するのか、若者を優先するのかに関わってくるということです。では整理しましょう。日本は以下3つの未来からどれか一つを選ぶべきです。

1, 高齢者の長生きのために、若者は仕事を頑張るべきか。

2, 高齢者を無視して、若者は自分自身の人生を楽しむべきか。

3, それとも高齢者も若者も、どちらもどちらのために我慢すべきか。

まず、1つ目から見てみましょう。

■1, 高齢者の長生きのために若者は仕事を頑張るべきか。

youth work for senior

簡単に言えば、量質ともに労働力を上げて、社会保障費に貢献するということです。ただ、若者は労働が好きか嫌いかに関係なく働かないといけなくなります。

具体的な改善策としては、

・働ける人を増やす→子供を産みやすい社会にする、女性が働ける機会を与える、移民として外国人を受け入れるなど

・働きたい人を働けるようにする。→企業の利益を上げて新規雇用など

・働きたくない人を働きやすくする。→ニート支援、自殺防止など

・賃金が安い人の賃金を上げて消費を増やす。→利益の上がらない企業から上がっている企業への転職促進、営利団体と非営利団体の割合管理など

・賃金が高い人の賃金をさらに上げて消費を増やす。→利益の上がっている企業への投資など

・今まで働けなかった職種を働けるようにする。→医療や介護の規制緩和など

・給料や労働時間に対して高い効果を発揮できるようにする。→職能訓練、留学やプログラミングの必修化など

※働ける人の数は年々減っている。

出典:厚生労働省 労働力人口の推移

また、社会保障費にお金を回せれば良いという意味では、政府のお金を調整する案もあるかと思います。

・増やせる歳入を増やし、減らせる歳出を減らす。→議員や公務員の定数や給料の削減など。

では次に、二つ目の選択肢を見てみましょう。

■2, 高齢者を無視して、若者は自分自身の人生を楽しむべきか。

freedom for youth

簡単に言えば、社会保障費(高齢者の寿命)の目標額を下げて、若者は収入が高い少ないに限らず好きなことをするということです。仕事をしたい人は仕事をして、仕事をしたくない人はしなくて大丈夫です。ただ、そのせいで平均寿命は縮まる可能性が高くなります。

具体的な改善策としては、

・政府が負担する医療費を下げる。高齢者により多く負担してもらう。

・年金の受給額を下げる。受給期間を短くする。

・定年後の生活費を下げる。

・将来の推計の平均寿命を下げる。寿命の目標を下げる。

などです。

※高齢者の生活費は赤字

出典:家計調査年報(家計収支編)平成25年(2013年)家計の概況

若者が今よりも好きなことができるようになると、「お金をたくさん稼ぐ」ことが義務でなくなるので、収入が最低限になります。その結果、例えば、

・ニートが増えます。→働かなくても最低限の収入で生きれるなら問題ありません。

・非正規社員や起業、非営利活動が増えます。→高収入である必要がありません。

・自殺する人に関心がなくなります。→社会の労働者が減っても問題ありません。

※「ニート」数の推移

出典:「ニート」数推移をグラフ化してみる(2014年)

では最後に、どちらもどちらのために自分の長生きや好きなことを我慢するという選択を見てみましょう。

■3, 高齢者も若者も、どちらもどちらのために我慢すべきか。

簡単に言えば、若者は多少やりたくなくても収入の良い職業で稼ぎ、高齢者は今よりも寿命を下げて太く短く生きる、ということです。

また、これは若者にも高齢者にもどちらにも言えることですが、定年と年金受給年齢を上げることで、「労働者」と「高齢者」の年齢を変えます。

※企業における定年年齢の推移

出典:厚生労働省 雇用管理調査

■最後に

現在投票率が高いのはどの世代か?言わなくても分かると思いますが、高齢者です。

※60歳代の投票率は74%

出典:衆議院議員総選挙年代別投票率の推移

高齢者たちが、高齢者たち優先の社会にするのか、若者たち優先の社会にするのか、選んでるのです。反対に、若者は投票率が低いため、若者自身の将来を高齢者の判断に預けてることになります。

これが良いか悪いかはその人の価値観によります。

高齢者を大事に思う若者にとっては、たくさん働けば良いでしょう。反対に、若者を大事に思う高齢者は、若者優先の政治家に投票すれば良いでしょう。

「高齢者は高齢者のためになる政策しか選ばないに決まってる」と思うのであれば、若者も投票すればいいでしょう。反対に、「高齢者は若者よりも知恵があるから任せても大丈夫」と思うのであれば若者は投票しなくても良いでしょう。

さらに穿った見方をすれば、社会保障費に貢献せずに好きなことをしてる人は、無意識に高齢者の生活を苦しくしていますし、反対に、社会保障費に甘えてる高齢者は、無意識に若者の生活を苦しめています。

孤独死をする高齢者もいれば、相対的貧困に陥る子供もいます。

※東京23区内の自宅で死亡した65歳以上の一人暮らし

出典:内閣府 高齢者の生活環境

※毎年多くの人が自殺をしている。

出典:自殺白書 年齢階級別自殺者数の推移

※子供の6人に1人は貧困。

出典:厚生労働省 平成25年 国民生活基礎調査の概況

さて、今週末の選挙、日本の未来はどの方向に向かっていくことになるのでしょうか?

※補足:若者と高齢者に関する資料

以下、上記の目次

■高齢者・支えられる側

・何人の高齢者が何歳まで生きるべきか(長寿=幸福と仮定)
・何歳まで働けるのか(自活できるのか)
・定年後、毎月いくらで生活できるのか
・そのためにいくら社会保障費(収入)が必要か
・具体的な改善策

■労働者と政府・支える側

・現状、何人の労働者がいるのか
・現状、労働者はいくら負担しているのか
・労働者が税金を徴収されても満足な生活をするには給料はいくら必要か
・次の労働者を育てるための教育費は最低でもいくら必要なのか
・その給与を出すために企業はいくら利益を出すべきか
・その利益を出すために社員はどれぐらい働くべきか
・ニート、低賃金労働者(非正規やNPO)、失われる労働力(自殺)
・具体的な改善策