全く知らない人の健康を心配すべきか?保険制度の二面性

全く知らない人の健康を心配すべきか?保険制度の二面性


アメリカでは長年、保険に入っていなかった人がとても多かったので、強制的に保険に入ってもらえる仕組みを作りました。通称「オバマケア」と言います。

※アメリカの医療は年々高度化し、高額になりました。6人に1人が保険に入っておらず、自己破産の原因の6割は医療費が原因でした。

About One in Six U.S. Adults Are Without Health Insurance

Source: About One in Six U.S. Adults Are Without Health Insurance

※アメリカは他の国に比べても医療費がとても高いため、保険料金もとても高く、払えない人が多く存在しました。

Why Are U.S. Health Care Costs So High?

Source: Why Are U.S. Health Care Costs So High?

※参考:保険の仕組み。お金を集めてサービスを提供する。

保険の仕組み。お金を集めてサービスを提供する。

ただ、アメリカは「自分の生活は自分で何とかする」という文化が強いことから、保険でも「入りたい人が入る」ということで、全員強制参加というのは好まれない傾向にあります。今回はそんな保険の2つの形を紹介したいと思います。

1、強制的に保険に入ってもらうことで医療費を軽減するべき。

2、自分の保険は自分で管理し、他人に負担を押し付けるべきではない。

■1、強制的に保険に入ってもらうことで医療費を軽減するべき。

Obamacare

オバマケアの場合、日本のような通常の公的医療保険への加入ではなく、民間の医療保険への加入となります。義務なので、加入しなければ罰金が科せられてしまいますが、人によっては補助金をもらうこともでき、オバマ大統領以前に比べれば多くの人が病気や怪我を治しやすくなっています。

※保険未加入者数が大幅に減少。

In U.S., Uninsured Rate Dips to 11.9% in First Quarter

Source: In U.S., Uninsured Rate Dips to 11.9% in First Quarter

※多くの人が保険に入ることで政府負担が軽減されると予想されている。

Obamacare’s projected cost falls due to lower premiums under health care law, CBO says

Source: Obamacare’s projected cost falls due to lower premiums under health care law, CBO says

オバマケアのおかげでたくさんの人が保険に入ることができるようになりました。しかし良い面だけではありません。

■2、自分の保険は自分で管理し、他人に負担を押し付けるべきではない。

Private Insurance

オバマ大統領以前は個々人が自分の収入と生活スタイルに合った保険を選んで医療を受けていたため、オバマケアの時ほど余計な保険料を払っていませんでした。しかし、オバマケアによって保険料を払うことが多くなり、一層負担が増えました。

※ただでさえ保険料は上がり続けていて、給料はあまり上がっていない。

Health Insurance Cost Increases Stayed Low In 2013 For Job-Based Benefits, Survey Finds

Source: Health Insurance Cost Increases Stayed Low In 2013 For Job-Based Benefits, Survey Finds

※保険料の負担率も上がり続けている。

ObamaCare Insurance Premiums

Source: ObamaCare Insurance Premiums

※2022年までにオバマケアに対して連邦政府から費やされる維持費(補助金など)の推移。

Projecting the Per Capita Cost of ObamaCare

Source: Projecting the Per Capita Cost of ObamaCare

■最後に重要なポイント

1、中間選挙で大敗した民主党

与党であるオバマ大統領の民主党は、2014年11月の中間選挙で、野党の共和党に上下院で過半数を取られてしまいました。オバマケアに反対している政党であり、オバマケアの予算が削減される可能性が高くなりました。

Results from the 2014 Midterm Election

Source: Results from the 2014 Midterm Election

2、増え続ける移民

アメリカには毎年移民が増え続けています。移民がお金持ちがどうかにもよりますが、お金持ちではない移民がたくさん来てしまったら、彼らも保険に入るとさらに保険料が必要になってきます。

A Record-Setting Decade of Immigration: 2000-2010

Source: A Record-Setting Decade of Immigration: 2000-2010

2010 U.S. IMMIGRATION DATA

Source: 2010 U.S. IMMIGRATION DATA

3、高齢化によるさらなる医療費の増加

アメリカでも高齢化が進んでおり、高齢者が多ければ病気や怪我になる人も増えていきます。このままでは今まで以上に保険料の負担が大きくなっていきます。

The American Century

Source: The American Century

4、健康の悪い人が多ければ医療費も増える

なんとアメリカの大人の肥満率は現在35%で、2030年には50%と予測されています。もちろん他にも心配すべき病気や怪我、生活スタイルは存在します。

The Obesity Rate In The U.S. Is Leveling Off — But It’s Still At Epidemic Levels

Source: The Obesity Rate In The U.S. Is Leveling Off — But It’s Still At Epidemic Levels

※他にも論点や考え方があれば教えてください!